--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.03
Fri
Giantというのは台湾にある世界最大級の自転車メーカー.フレーム製造技術に定評があり,性能の割には価格がお手頃だったりします.
DEFYシリーズはロードバイクの中でも「コンフォート系」と呼ばれるジャンルに属しています.レースをゴリゴリ走るためではなく,ゆったり長距離を快適に走ることを目的としており,このキャラは私の乗り方にピッタリです.

20090703_1.jpg
Giant DEFYシリーズ/最安8万円から最高80万円まで,まさに"ピンキリ"


さて,DEFYシリーズにはコンポーネント(=ブレーキ,ギア,変速機などのパーツ)のグレードによりDEFY1,DEFY2,DEFY3の3つのラインナップがあります.
どのグレードにしよっかなぁ...

2は中途半端なので候補から消えました.色も好みじゃないし.
残るは3か1か?

20090703_2.jpg
DEFY1&DEFY3/フレーム,フォークは同じだが,細かなパーツに違いあり

3の安さは魅力的です.初めて乗るロードバイクですから,これをスタートにして,物足りなくなったら後からコンポを換えればいい,そんな手もあります.
いやいや,コンポを換えると1と3の差額以上の金額を払う必要があります.だったら,最初から1にしとくのは,後のことを考えるとお得です.
検索ページに「DEFY1」,「DEFY3」と入力しては,あれこれ思いを巡らす日々が続きました.


で,結局出した結論は
「色を見て決めよう」
って,なんちゅう初心者の結論なんだ....(^_^;)

コンポはお金を出せば換えることが出来るし,換えなくてもいいかもしれない.でも,色については,後で後悔してもどうにもなりません.ここは,自分の気に入った色を購入しないと...

となると,インターネットによる調査はここが限界.ディスプレイ越しではなく,実物の色を見たい...というわけで,自転車屋めぐりが始まりました.

20090703_3.jpg
DEFY3/チュートリアル福田も乗っている,コストパフォーマンスに優れた必要充分なロードバイク

まず出会えたのは3の実車.実は,インターネット上の写真では3に軍配を挙げていたのですが,実物は?というと,イメージ通りで,なかなか良い感じでした.でもイメージ通り過ぎて,逆に,感動しないかなぁ.
1の実車も結構うろうろしましたが出会うことが出来ました.こちらは,インターネットで見た時は地味に感じたのですが,実物は意外と良い.飽きがこない色かも...

20090703_4.jpg
DEFY1/一見,地味?な感じもするけど,実物は意外といい,というか,さりげなくカッコイイ

よし,DEFY1に決めた.色も気に入ったし,コンポはshimano105.間違いのない定番コンポーネントで,初心者にはちょっと贅沢過ぎかしら?

...つづく(^_^)
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://hywiphoneearthdog.blog57.fc2.com/tb.php/80-573072eb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。