--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.22
Sun
昨日はHayabusaというバイクについての記事を書きました.その"Hayabusa"をひらがなにしてみると「はやぶさ」.東京と熊本を結ぶ歴史ある寝台特急列車の名前です.

寝台特急列車,いわゆるブルートレインは鉄道界のアイドルであり,顔であり,ヒーローでした.私は小学生の頃,鉄道ファンな人だったんですが,当然,ブルートレインも大好きでした.ブルートレインが載っている本や写真集を食い入るように読んでいたし,絵を描いたりもしました.さらに,ラッキーなことに出身が九州ということもあり,親戚の家に行くときに乗ることまで出来たんです.



小学生なら絶対に起きていない深夜の京都駅6番ホームで,憧れの列車が来るのを待ちます.駅の東京側には線路をまたぐ道路橋があるのですが,橋の上を行き交う車のライトが夜も遅いので疎らです.また,たまに通勤電車が入線してきますが,違うホームに吸い込まれるので,このホームは寂しい限りです.でも,到着予定時刻2分前になると,その道路橋の下にこちらに向かってくるヘッドライトが,ついに現れるんです.

20090222_01.jpg 廃止を目前にして,その勇姿を写真に残そうとする人たち

ヘッドマークを誇らしげに掲げた機関車に牽引されて,銀色の帯をまとった青い客車がホームに滑り込んできます.電源車を含めると13,4両の堂々たる編成です.折戸が静かに開き,僕は列車の中の人になります.短い停車の後,発車ベルが鳴り静かに列車が動き出していきます.長く楽しい時間の始まりです.

20090222_02.jpg ヘッドマークも併結相手の富士と半分ずつ/昔は単独運転だった

すでに寝ている他の乗客を起こさないように寝支度.車内検札をする車掌さんの声も小声です.おっと,車両の端に設けられた洗面台で歯を磨くのも忘れずにね.シーツを敷いて,枕,布団をセットして,カーテンを閉めて寝ます.でも,興奮しているせい?ちょっと眠れない?通過する駅のホームが眩しいです.カーテンの隙間から見ると,通勤電車を待つサラリーマンがいます.窓ガラスで隔てられた日常を非日常のベッドから覗き見た感じがします.

20090222_03.jpg 現在,はやぶさを受け持つのは14系客車

しばらくすると眠っていたかもしれません.何時間くらい眠ってたんだろう.どこかの駅で停車しているみたいです.まだまだ深夜,運転停車のようです.見たことないや,なんという駅だろう.誰もいないホームから,また静かに走り出します.このまま夜が続くのかな,そんなことを考えながらまた眠ってしまったみたい.

20090222_04.jpg スピード感あふれるテールマーク/左上角には寝台特急のマーク

もう一度目覚めると朝に.でも,まだ本州.とりあえず洗面台で顔を洗います.シーツ,布団,枕を片づけるとベッドは座席に早変わり.ちょっと座りづらいけどね.朝ご飯は食堂車で.値段の割には美味しくないし,選択肢も和食と洋食の2つしかないけど,移り行く車窓を眺めながらの食事は最高の贅沢です.

20090222_05.jpg 美しい青い車体に白い帯/かなりくたびれてきたか?

本州最後の駅,下関で機関車の付け替え.東京から駆けて来た直流電気機関車とはここでお別れです.おつかれさま.関門トンネルを越えるセットアッパーはステンレス製の交直両用電気機関車.海底トンネルを行き来するので,ステンレス製にして腐食を防いでいるのです.交直流ジャンクションを越えて門司に到着.九州上陸.ここで更にで付け替え.くすんだ赤い色は交流機関車の証.こいつで九州を走ります.

20090222_06.jpg B寝台個室"Solo"の独特な窓配置

小倉から博多は郊外の街を走っているという感じで,うちの近所とそんなに変わりません.けれど,後ろに流れて行く看板をよく見ると,そこには地元ならではの”印”,郵便番号や市外局番などが記載されていたりします.並走している幹線道路には車が走っています.仕事?遊び?どこに出かけるんだろう.速くはない客車列車とはいえ,こちらは特急列車です.そんな車を追い越して行きます.

20090222_07.jpg B寝台(開放型)の車内/奥には通路と折りたたみ式の座席

博多から熊本は都市近郊以外は,気持ちのいいのどかな田舎.海も見えたりします.車窓はまったくもって飽きません.乗客も随分少なくなりました.あ,田原坂だ,懐かしい熊本の街はもうすぐです.降りる支度をしなければ.

熊本駅は1番ホームに到着.名残惜しいけど下車となります,ここからは7号車より後ろの車両は切り離されて,6両の身軽な編成で終点西鹿児島駅へと向かって行くのです.



私が小学生の頃はもっとたくさんのブルートレインが走っていました.東京発のものを記憶にまかせて書き出してみると...
・さくら:東京ー長崎・佐世保
・はやぶさ:東京ー西鹿児島
・みずほ:東京ー熊本・長崎
・富士:東京ー宮崎
・あさかぜ1:東京ー博多
・あさかぜ3:東京ー下関
・出雲1:東京ー浜田
・出雲3/紀伊:東京ー出雲市・紀伊勝浦
・瀬戸:東京ー宇野

ところが現在では...
・富士/はやぶさ:東京ー大分・熊本

これだけです.これに加えて,ブルートレインとは言えないのですが,寝台電車特急サンライズ出雲/瀬戸が走っています.が,それを合わせてもたったの2往復.ここまで減少するとは,全く想像できませんでした.

はやぶさの終点だった西鹿児島駅は九州新幹線開業とともに鹿児島中央駅と名前を変えました.あと2年くらいで,博多まで全線開業となる予定です.
そして,新幹線の開業を待たずに,はやぶさはこの春,廃止されます.

これは抗うことの出来ない,時代の流れというやつなんでしょうか.
でも,寂しいですね.

20090222_08.jpg 3月14日,この時刻表から「はやぶさ」の文字が消える
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://hywiphoneearthdog.blog57.fc2.com/tb.php/51-ebcce3f3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。