12.03
Wed
1995/11/23の夜,街はいつにも増してにぎやかでした.それは話題の先進OSがリリースされるから.人気ラーメン店も尻尾を巻いて逃げ出してしまうような行列が,電器屋さんの店頭から繋がっていました.待っている人たちはみんな期待に満ちあふれた目をしていました.「これで100年は何気にいい感じにウィッシュ」,「まるで情報技術の宝石箱や」,「地球に生まれてヨカッター!」

そんな喧噪を横目に,私はタバコに火をつけました.
「ケッ,何も知らないくせに」
そうして,人ごみを避ける様に裏通りの方へ歩いていきました.随分,寒くなってきました.今夜は1杯ひっかけて帰るか...



...嘘です(^_^;)
(大体,私は煙草は吸わないし,酒は呑めないし^_^;)

Windows3.1を学生時代に使用していたにも関わらず,「Windows95」というのがリリースされることを全く知りませんでした.20世紀最大のヒット商品とも称されるこのOS,なぜ,知らなかったんだろう?

1995年は就職した年で,確か研修寮に住んでいました.就職したてで慣れてなかったのか,世間の動きに目を向ける程余裕がなかったのかも知れません.また,何と言っても,当時はバイクに夢中で毎週のように走ってましたし(^_^)

ただ,私の周りでも話題になっていませんでした.まだ,「パーソナルコンピュータ」というのは一般的ではなく,とても趣味性の高い,一部の人たちのもの,というイメージが強かったんだと思います.



うちの会社に導入されたのは,多分,それから1年経った後.でも,普及の仕方は緩やかで各課に1台って感じでした.仕事上で必要な技術計算ソフトがWindowsに対応していなかったり,CADで作図した図面の出力が遅かったりしたため,全面的に導入という訳にはいかなかったのです.特にCAD出力が遅いのは致命的でした(A1出力に1時間近くかかることもあった).

そのかわりに,当時の職場には「ドラフター」と呼ばれる製図台が4台設置されていました.

20081203_2.jpg 出力にものすごく時間がかかるペンプロッター

しばらくして,CADの出力時間が短くなりました.ドラフターは2台撤去され,代わりに「CADオペさん」とよばれるCADを専門的に扱う人の席となりました.

20081203_3.jpg 出力時間が短くなったプロッタ

あれから10数年経った今では,図面はデータ納品されることも多くなり,部に数台だったコンピュータは一人1台が当然になりました.Windowsも95から98,2000ときて最新のXPと変わっていきました.
(Vistaはどおした^_^?)

今から10年経ったら,職場ではどんなコンピュータを,どんなOSを使用しているんでしょうか?Windowsは"7"→"8"→"9"→"Windows X(テン)"にまでバージョンアップされてたりして(^^;)




20081203_1.jpg ドラフター/学生時代欲しかったが高価で手が出なかった

ちなみに,ドラフターは随分前に完全に撤去されました.
スポンサーサイト

comment 2 trackback 1
トラックバックURL
http://hywiphoneearthdog.blog57.fc2.com/tb.php/33-6ea2577a
トラックバック
iphoneの情報です iPhoneの加速度センサーでブラー効果を楽しめる「iB...
iphoneのRSS情報 | iPhoneの情報あります!! | 2008.12.04 02:21
コメント
ドラフター懐かしいです。
ペンプロッターも懐かしい。
ドラフターで線を引くときは、シャーペンを回しながら、
同じ太さになるように引いてました。
ペンプロッタは紙とペンの動きを見ているだけで、幸せだったような
気がします

| 2008.12.04 00:10 | 編集
12-04にコメントを頂いた方,ありがとうございます.

>ドラフターで線を引くときは、シャーペンを回しながら、
>同じ太さになるように引いてました。
やってました,やってました.上手くやらないと線が曲がってしまうっていう...(^_^;)

>ペンプロッタは紙とペンの動きを見ているだけで、幸せだったような
>気がします
結構,激しく動きますよね.短手方向はペンだけが動くのですが,長手方向は紙が動いてましたよね.斜めの線は器用に両方動いて引いてくれて,懸命に頑張ってましたね.
m-kazu | 2008.12.04 23:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する