11.19
Wed
私が好きな音楽を紹介します.
Inside Out/retroさんの真似してみました^^;)

一発目は「春の祭典」(Stravinsky)
Stravinskyの三大バレエ音楽の一つ.説明不要の超名曲.
20世紀最大のスキャンダルと言われてますが,20世紀最強の曲といっても過言ではありません.

曲は2部からなり,演奏時間は35分くらい.Stravinskyが見た白日夢に曲想を得たと言われています.太古の原始的な世界,選ばれた乙女が狂ったように踊りだすという...

第1部「大地の礼賛」
 1.序奏
 2.春のきざし(乙女たちの踊り)
 3.誘拐
 4.春の輪舞
 5.敵の部族の遊戯
 6.長老の行進
 7.長老の大地への口づけ
 8.大地の踊り
第2部「生贄の儀式」
 1.序奏
 2.乙女の神秘的な踊り
 3.選ばれし生贄への賛美
 4.祖先の召還
 5.祖先の儀式
 6.生贄の踊り(選ばれし生贄の乙女)

初演はスキャンダラスな大失敗だったそうで.し,失敗って?
...それは曲を聴けばわかるでしょう.




私も初めて聴いた時は「なんじゃこりゃあ?」でした.

耳に襲いかかってくる不協和和音,変拍子のオンパレード.
Stravinskyの作品は「火の鳥」「ペトリューシュカ」で初めてじゃなかったし,変拍子も部活で経験済み.でもこの曲は衝撃的,予想外,でした.

20081119.png1小節ごとに拍子記号が変化しているのだ/「生贄の踊り」より

しかし,聴き込んでいくと,そのダイナミックさに身体の芯を打ち震えさせられていきます.ゴンっ,ゴンって感じで.とくに第2部の中の曲「選ばれし生贄への賛美」,「生贄の踊り」は凄い,強烈です.

音楽に対する考え方が180度変わります.

こちらで楽譜と演奏の一部が楽しめます.考え方を「180度」変えてみたい人はどうぞ(^^)
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://hywiphoneearthdog.blog57.fc2.com/tb.php/25-55f78c6d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する