部屋とYシャツと私とiPhoneと地球と犬

ハヤブサ

約二ヶ月前の3/16.JRのダイヤ改正が行われました.その中での注目は東北新幹線.日本のエースと言っても過言ではないE5が,ついに本気を出して320km/h運転となり世界最速に並んだのです.

その列車の名前は「はやぶさ
東京-新青森を最速2時間59分で結びます.この記事をご覧になっている人の中にも,GW中に320km/hを体感した人がいたりして?
(それよりこのブログを読んでいる人そのものが,存在しているのかどうかが怪しいけど...^_^)
20130511_0.jpg


...で,今回の記事は,その「はやぶさ」じゃなくて,"Hayabusa"のこと.
こちらも「世界最速」マシンなのであります.

GW期間中のとある日に,この記事この記事,と同じようにレンタルバイク屋にてお借りしまして,一日中乗り回してきました.まぁ,素人がたった一日乗っただけで何をか言わんや,ではありますが,感想なんかをつらつらと.
(^_^)


キーをonにするとメーターの針が最大値まで回るのはR1000などと同じですが,その早い回りにちっと戸惑いつつ(^_^;),エンジンスタート.ムムッ?極太マフラーが効いているのか,音が静かです.慎重にクラッチをつなぎますが,なんか違和感.ふにゃんふにゃんした感じ?クラッチが油圧式だからなのかな.
20130511_1.jpg
20130511_2.jpg
(上)五連のアナログメータは視認性抜群/マイル表記なので肝心の速度は分かりにくいが
(下)極太の2本マフラー/住宅地でも安心(^_^)

さて,早速,街中でのインプレは...と書きたい所ですが,GW,さらに好天とくれば大渋滞.しばし我慢の走りを強いられてしまい,こんな状態ではインプレも何もありません┐(´ー`)┌.30分くらい走って高速道路に入って,さぁ,本領発揮...ともいかず,やはり渋滞orz.まぁ,こればかりはしょうがないです.

我慢の高速道路を降りたあとはワインディングロードへと向います.街から離れるにつれて,段々道が空いてきて,コーナーが続く気持ちいい道となります.どんなコーナリングになるんだろうと,恐る恐るバイクを倒し込もうとすると,
「スッ」
という感じで倒れ込んで曲がってくれるのです.その大きさから鈍く重い反応かと思ってたのですが,全然軽やか.むしろR1000の方が明確な意志と入力が必要なくらいデス.この軽いコーナリングは超意外でした.めちゃめちゃ楽しい!
20130511_3.jpg
重そうに見えて意外と軽快な動きをしてくれる

あと,エンブレはあまり効かなかったです.これは車重で慣性が効いているからなのか,エンジンに起因するのかは分かりませんでしたが,アクセルを戻しても,スーって感じで流れて行きます.

なお,ポジションはR1000とほとんど変わりません.つまり前傾姿勢.SSに乗っている人なら問題ないけど,ネイキッドから乗り換える人はちっと注意(と覚悟)した方が良いかもしれません.足付きは両足ほぼべったり.とても良好です.

帰りの高速で,空いている区間でちっとスピードを上げてみました.メーターがマイル表示のため何km/hで走っているのかよく判りませんでしたが,あんまし,防風効果はなかったです.伏せないとダメ.このあたりもR1000と同じです.

-Rではないが,Rはある」とは開発者の弁.Hayabusa=GSX1300Rの開発に当たって,その方向性を表した言葉なのですが,ホントその通りだと感じました.おおざっぱに言ってしまえば”デカイGSX-R”.もちろんSSとは違うのだけど,コッチよりのマシンだなって感じ.決してツアラーではないデス.ってツアラーに乗った事はないのですが...(^_^;)
20130511_4.jpg
空力を意識したフォルム/いかにも速そうだけど,それだけじゃないのがこのマシンの魅力



話変わりまして,今回走ったのは奥多摩方面から甲府に抜けて,最後は河口湖へ行くコースなのですが,奥多摩の都民の森で休憩したとき一番良く見かけたのはYZF-R1.09以降のクロスプレーン車,それ以前のも含めてよく見かけました.R6も多かったです.他メーカーではCBR-RRは07以前のが多く,GSX-R,ZX-10Rもあまり見かけませんでした.
で,Hayabusaは私の(正確に言うと"私の借りた")1台のみ.人気車種のはずなんだけどなぁ....ライバルのZZR1400,ZX-14Rもほとんどいなかったです.
まぁ,一番多かったのはまたしてもロードバイク.こんな坂道,平地専用の私の貧脚では無理デス.ダンシングで登って行くロードバイクを横目に,こちらはアクセルひと捻り.なぜだか分からないけど,ちょっと反省してしまいます.
なお,Hayabusaをよく見かけたのは高速道路のSA/PA,あとは観光地付近.なぜか多かったです.
(*^O^)アハハ!!
20130511_5.jpg
20130511_6.jpg
(上)迫力のフロント/Suzukiの象徴"縦二眼"/ヘッドライト横からラムエア取り込み
(下)フロントと意匠を揃えたリア廻り/こちらも独特/いい意味での下品さが感じられる



楽しい時間はすぐに過ぎてしまい,返却の時間となりました.「やっぱいいバイクだよなぁ」なぁんて余韻を感じながら,GSX-Rに乗り換えてバイク屋さんを後にした時,「-Rではないが,Rはある」の意味をよく理解していなかった事に気づかされました.「-Rではないが,Rはある」は「Rはあるが,-Rではない」でもあったのです.

というのも,自分のバイクなのにギクシャクした感じ.あれ,こんなにも過敏だったっけ?
疲れている上に,Hayabusaの穏やかさに慣れてしまった身には数世代前のSSは酷でした.Hayabusaはコッチよりかもしれんけど,決してコッチにいる訳じゃないんだなぁ...帰りのR1000の車上で,改めてそんな風に感じてました.
また,人気なのも理解できます.ずーっと乗ってたくなります.見た目の独特さとは裏腹に「とても乗りやすい」デス.

NEXTマシンの候補に挙がってたり...?
(*´σー`) ヘヘ…
20130511_7.jpg
Hayabusa=GSX1300R/-Rではないが,Rはある
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hywiphoneearthdog.blog57.fc2.com/tb.php/239-625e67a5

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nmnmkazuA

Author:nmnmkazuA(m-kazu)
Hinokuni生まれ
Miyako育ち
Kitakanto住まい
Mac&Music&Motorcycle好き
Linkフリー



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

iPhone (69)
iPad/iPod touch (11)
Mac (30)
Bicycle (48)
Motorcycle (61)
Railway (6)
Music (16)
DTM (41)
PC (5)
お知らせ (6)
あいさつ (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

BlogPeople


FC2Ad

Template by たけやん