02.23
Mon
昨年末に購入した,NI MASCHINE.
今では,スペシャルなプレイをキメまくってるEveryDayだZE..と言いたいところですが,そこまで触れていません.
orz

でも,少ししか触れないなりにも,MASCHINEを使った<ワークフロー>にも慣れてきたかな,ってな感じです.

<ワークフロー>
(1)MASCHINEでグループを設定して,パターンを作成.
(2)パターンを並べてシーンを作成
(3)曲の構成が固まってきたら,Logicに取り込み
(4)Logicでエフェクト,インスツルメント追加,オートメーション描き込み
(5)バウンス

今後変わる可能性もありますが,今のところ,上記の様なフローで制作しています.
MASCHINEにはいわゆる「ソング」という概念がないので.Logicに取り込んで対応しています.


「Logicへの取り込み」については,以下の3つの方法を用いています.
(a)パターンをMIDIでエクスポート
(b)パターンをAudioでエクスポート
(c)シーンをLogicのMIDIでトリガー

(a),(b)はD&Dで簡単にできます.この場合は,MASCHINEは”ループ製造機”って感じですね.(c)は少々面倒ですが,リバーブの効いた音とかも途切れないし,MASCHINE単体では出来ない”テンポチェンジ”なども可能になります.

20150223_02.jpg20150223_01.jpg
(a),(b)の方法/D&Dで簡単に取り込み


(c)の方法/少々面倒だけどテンポチェンジとかにも対応

まだ,試行錯誤でもありますし,使ってない機能もあるので,精進が必要ですね.
目指せ?,COOLなBEATMAKER!
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0