08.15
Fri
今年に入ってから(ってもう8月だけど(^_^;A),何がきっかけなのかは忘れたんですが,ハード機材に興味が出てきたんです.
ハード機材って?
こういう説明には文章よりも,動画の方が良いですよね(^_^)

ELECTRIBE
KORG製のグルーブマシン.ステップシーケンサーによる分かり易い入力.キック,スネア,ハイハットなどからなるドラム,シンセも複数パートあり,これ一台で曲を作り上げる事ができます.しかし,残念ながらすでに生産中止とのこと.
(´ε`;)

ELECTRIBE MX,ノリっノリの楽曲をこれ一台で/パラメータの動きも記録可能

MASCHINE
Native Instruments製のグルーブ制作システム.ソフトとハードのいい所を融合させた機材です.総合音源”KOMPLETE”の資産も活かせるみたい.まぁ,この動画のようには演奏できないけど.
(o’ヮ’o)♪

MASCHINE,Jeremy Ellisの超絶パフォーマンス

volca
KORG製のアナログシンセ.”Keys”,”bass”,”beats”,の3つで構成されてて,どれもシーケンサーがついていてELECTRIBEの様な使い方もできるみたい.値段もお手頃です.
ヾ(=^▽^=)ノ

1台でも,3台でも楽しめるvolca

OP-1
Teenage Engineering製のポータブルシンセ.何と言ってもデザインが素晴らしい.一見するとおもちゃの様な外観だけど,シンプルで計算され尽くしたモジュールデザインでコーディネートされてます.カラー液晶パネルも美しい.そして,シンセエンジンも複数あり,さらにサンプラー機能,シーケンサー機能などてんこ盛り.値段は高めデスが..
( ̄∀ ̄)

白いボディが美しいOP-1/カラーリングも含めてコーディネートは完璧

OCTATRACK
Elektron製のサンプラー.とにかく色んな事が出来るみたい.サンプラーってどんなんかな?って興味もありマス.でも,値段は結構します..
(*´σー`)

音を取り込んで色んな事が出来るOCTATRACK/何か分からんけど凄そう


購入するかどうかは未定.でも,見てるだけならタダですもんね..って,見てるだけで済むかどうかは分からんけど..
(。-д-。)ゞ
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0