09.21
Mon
最近こんなニュースがありました.

iPodがウォークマンにシェアで敗れる(9/2)
iPodが週次首位を奪還(9/15)
(BCNランキングから)

iPodにはなんと言っても使いやすさがあり,WALKMANには音がよいという評判があります.とは言え,WALKMANを使ったことがないので,使いにくさも音のよさも実感したことはないのですが(^_^;)
今後もおそらく本命Apple,対抗SONYという構図で進んでいくんでしょう.

ただ,カセットのWALKMAN時代から携帯オーディオプレイヤーを牽引してきたSONY.本来なら圧倒的なSONYの勝利になるはずなんですけど,そうならなかったのは,こういったことをしていたから.つまり,自社ブランドに対する過信,そして音楽軽視が原因ですね.
というわけで音楽好きである私がWALKMANを買うことはありません.
そもそも,Macに対応してないしね(顔洗ってで直してこいや!)



さて,これまでMac系のBlog界隈でそんなに話題になってなかったWALKMANですが,ここ最近,結構取り上げられているような気がします.

これは,この間のイベントに原因があるような気がしてなりません.なんか期待はずれというか...ガッカリさせられた人も多かったんじゃないでしょうか.

私が一番がっかりしたのは今回の目玉であったnanoについて.「nanoにビデオカメラ(しかも静止画が撮れない中途半端なカメラ)っているの」という疑問がどうしても消えません.

iPod nanoは先代のiPod nano(4th)が完成形だと思います.iPodの完成形がiPod(4th or 5th)だったように.
"iTunes to GO",すなわちiTunesのライブラリを外に持ち運んで,どこでも音楽を楽しむ,というのがiPodのコンセプトのはず.
それなのにカメラを搭載するなんて,なんか迷いのようなものを感じられます.

もし,iPod nanoにさらなる飛躍が必要な時,その時はiPod nanoそのものを完全否定した製品でないといけません.
そう,iPod nanoそのものが,あの大人気だったiPod miniを燃やした灰の中から生まれてきたように.

20090921_01.jpg
なぜカメラがいる?/iPod nano/デザイン,カラーリングは完璧なんだけど(写真はAppleから)

20090921_02.jpg
ちょっと速くなっただけで3代目なんだって/iPod Touch/もう,これも完成形でしょ(写真はAppleから)

スポンサーサイト
comment 2 trackback 0