--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.31
Sat
毎年,年末になると「第9」が鳴り響きます.
「第9」と言えばBeethovenの交響曲第9番.でも,今回紹介するのはBrucknerの「第9」.この曲も名曲です.

「第9」交響曲.Beethovenが人類の記念碑と言っても過言ではない第9交響曲を世に出して以降,交響曲における「第9」という番号には,単なる数字以上の不思議なものが意味付けられている様な気がします.そう,サッカーでいうゼッケン「10番」みたいな.

例えば他の作曲家の場合,Mahlerも完成させたのは「第9」まで.逆にShostakovichの場合は「戦勝記念合唱付き大交響曲」を期待されながら.彼一流の諧謔性でいなした「第9」をリリースして(これはこれで傑作),当局の逆鱗に触れたりとか...(>_<)


さて,Brucknerの「第9」.彼がこの番号に対してどのような思いを持っていたかどうかはわかりません.ただ,相当な決意があったのは選択された”ニ短調”という調性から伺い知る事ができます.これはBeethovenのそれと同じものなのです.
ただ,彼はこの曲を完成させることができませんでした.最終の第4楽章を書いている途中で天に召されたのです.この世に残っているのは第3楽章まで.第4楽章は彼が愛して止まない神様の前で完成されたのでしょう.

Brucknerの他の交響曲と同様に原始霧から始まる第1楽章は壮大です.第3主題まである大きな構造で聴き応えがあります.特に第2主題部は穏やかながら切なく好きな部分です.第2楽章は不思議な調性でふわふわした感じで,軽快さと荒々しさを併せ持っています.

そして,第3楽章.これがとてもとても美しい.
冒頭は9度上昇する跳躍進行で始まります.世界の真理を厳かに描いたという感じでしょうか.一瞬,解決したかのような明るさを見せたかと思うと,底が見えない不安が見えたりします.冒頭の主題が強奏され不協和和音で鳴るクライマックスから,最後は静かに曲は閉じられます.彼の人生を締めくくるのにふさわしい余韻があります.

なお,第4楽章はスケッチがかなり残っているということで,後世の研究家達により補筆完成版というのがあるそうです.ただ,本人の筆によるものではないのと,第3楽章がとても美しいこともあるので,聴いてないけど,ちょっと...と思っています.


今年も残すところあと1日.こちらの「第9」にも触れてみてはいかがでしょうか?
まぁ,年末でなくて良いので(^_^)
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
10.30
Sun
もし,iPodが無かったら...




20XX年.ここ10年で音楽の聴き方は大きく変わった.

レコード屋さんに行っても,CDは1枚もない.
売られているのはCDと同じ形状,材質,外観を持ちながら,中身が全く違うCCCDと呼ばれるもの.CCCD,正式名称コピーコントロールCD.この”円盤”にはPCなどで使えなくするために特殊なデータが埋め込まれている.

ただ,CCCDが使えないのはPCだけではなく,通常のCDプレイヤーも厳密には再生する事はできない.CCCDはPhilipsとSONYが定めたレッドブックに準拠していないため,再生を保証できないというのがメーカーの見解.そう,レコード会社は再生保証されない製品を売りつけているのだ.当然,CCCDを使った事により機器に不具合が起きた場合も自己責任となるので,リスナーはプレイヤーで音楽を聴くのを半ば諦めかけている.

MP3プレーヤーと呼ばれる新しいタイプの機器は,あまり普及していないようだ.プレイヤーに音楽を入れるのが相変わらず面倒だからである.まず,レコード屋さんで手に入るCCCDはリッピング不可.MP3プレイヤーで聴きたければ改めてダウンロード購入しろ,というのがレコード会社の見解である.

そのレコード会社ごとに音楽ダウンロードページがあるのだが,これがとてつもなく使いにくい.操作方法がまちまちで,見辛く重い.価格も500/曲と高い(携帯電話の着うたサービスに合わせたようだ).
なお,ダウンロードした音楽データはダウンロードしたPCでしか使えず,MP3プレイヤーで使う時はコピーではなく「移動」しなければならない.また,PCを買い換えた場合,新しいPCにデータを持って行く事は出来ず,この場合も改めて買い直す必要がある.

10年前より,音楽が遠い存在になったような気がする...





どのようなジャンルにおいても「時代によって求められるテーマ」というのがあると思います.そのテーマは社会に横たわっていて,潜在的に存在しているものではありますが,自ら掘り起こす必要があります.そして,掘り起こしたテーマが的確なものであるか,そのテーマに対する解答が納得できるものであるか...


振り返ってみると,音楽プレイヤー関連での2000年以降のテーマは「再生機器,管理ソフト,流通をどのようなデザインにするのか」だったと思います.単に1ハードウエアが優れていても意味はなかったのです.そのテーマに気づいて掘り起こし,賞賛される解答に至ったのがApple.単に「MP3プレイヤーを作る」という小さいテーマにしか気づかなかったその他メーカー.

「SONYならAppleと同じ事が出来た」という声も聞きますけど,SONYも「その他のメーカー」のうちの一つでしかありませんでした.WALKMANを開発した頃とはテーマが違ってることに気づけなかったのです.それどころか,グループ会社であるSMEの”犯罪的行為”を黙認していたことを見ると「SONYでは無理だったんじゃないの」とさえ思います.


さて,Appleが掘り起こした「再生機器,管理ソフト,流通をどのようなデザインにするのか」というテーマに対して,自ら出した解答=iPod+iTunesというのは,単なる1商品,1ソフトウエア,1サービスには止まりませんでした.とてつもない力を持ってました.業界,社会を変えていく力があったんです.

「CCCD問題」に対してもそうです.今までだったら泣き寝入りする他なかったかもしれません.でも,iPod+iTunesの力は強かったし頼もしかったです.「iPod=違法ダウンロード」という無茶苦茶な論理で”紛い物”を押し付けてくるレコード会社,著作権団体を押し戻していく力になってくれました.レコード会社の人質になっていたミュージシャンは解放され,リスナーは,これまでより簡単に色んな音楽に触れられるようになりました.
(私自身もiPod所有以前より聴く曲数は確実に増えています)


もし,iPodが無かったら...上の方で書いたような世界が現実になってたかもしれない...そう考えると,ぞっとする.

comment 0 trackback 0
04.26
Tue
本日,紹介するのはProkofievの交響曲第5番.Prokofievは去年紹介したShostakovichと同じロシア-ソビエトの作曲家です.
「えー,そんな作曲家,聞いた事ないよ」って言う人もいるかもしれませんが「聴いた事」はあるはずです.


Prokofiev「ロミオとジュリエット」より「騎士たちの踊り」

ね,「聴いた事」あるでしょ(^_^)


さて,交響曲第5番.この交響曲に限らずなんですが,Prokofievの曲ってばメロディーが美しい.ロマンチックながら現代的なフックも効いた感じで.あと,バランスもいいデス.1楽章から4楽章までまんべんなく,どれかが「ちっとパンチにかけるなぁ」ってこともなく.そして,メリハリもある.
私が好きなのは第1楽章の第2主題.その美しさに...泣きマス.また,第4楽章も「悲劇から這い上がった後の栄光と勝利」みたいなのではなく,軽快に疾走する感じなんですが,「軽すぎ」にならず,きちんと曲の終わりをまとめてくれてます.

Prokofievの曲は割と親しみやすいのが多いので,クラッシック初心者にもおすすめです...って言いたいところなんですけど,激動の「ロシア-ソビエト」の作曲家だけあって「親しみやすい」だけではないみたいで.例えば,初期の頃はかなり前衛的な作品もあったらしいんですが...その辺はよう知りませんf(^_^)
comment 0 trackback 0
09.19
Sun
なんか,突然訪れた秋に「心の準備ができてないんですけど」ってな感じの今日この頃.秋なんで,久しぶりに好きな音楽について書いてみようかなっと.


本日,紹介するのはShostakovichの交響曲第4番.通称「ショスタコ」の交響曲と言えば第5番が有名ですが,その一つ前の第4番も傑作です.

この交響曲,完成から初演まで異例の経緯を辿っています.というのも,初演に向けた練習中に,作曲者自らの手でドタキャンになってしまったのです.
(>_<)
当時,彼の国であるソ連では「社会主義リアリズム」と呼ばれる指針のようなもので,表現内容が縛られていて,それにそぐわない作品は排除されていました.彼自身,別の作品で強い批判にさらされたばかりだったので,このタイミングでこの曲を発表したらマジでやばい,と感じたのでしょう.結局,初演されたのは,なんと,その25年後.その頃には,既に交響曲第12番までが世に出ていました.

しかし,そんな不自由な創作環境にありながらも,自らの才能と芸術的野心で打開し,現代にも残る名作を数多く残していきます.Shostakovichに限らずですが,「芸術の本質的な強さによる"堅牢"と,政治権力のハッタリの強さによる"脆弱"」というのを,改めて感じてしまいます.


さて,第4番の交響曲.この曲は3つの楽章から成り立っています.ただ,3楽章構成なのに60分もあるヘビーな曲です.

第1楽章は順次進行の中にフックの効いた跳躍進行が入った主題から始まります,ちっと滑稽な,それでいて緊張感も感じられる主題です.その後,第2,第3主題と続き,展開部に入ります.速度記号"Presto"で指示された暴力的なフーガは,演奏不可能なくらい技術的難易度が高いものですが,これが超カッコイイ!

第2楽章の静かで印象的なスケルツォに続き,第3楽章はユーモアに展開します.愉快なメドレー風という感じでしょうか.でも,重厚な第1楽章を持つ交響曲にたまに見られる「最終楽章の息切れ感」というのはなく,逆に,こちらにも音楽的達成感のようなものが感じられます.長い曲だけど飽きさせないのは,デフォルト的な4楽章構成ではなく,敢えて3楽章構成にするという絶妙なバランス感があるんかなと思います.


この曲は,1900年代初頭の作曲家Mahlerの影響が大きいとされてます.私自身はMahlerの曲は少ししか知らないのですが,なんとなくわかるような気がします.また,そのことに「交響曲作家としての系譜」を思います.

ここからは私の勝手な持論なんですが,交響曲作家の流れを見ると,Mozart-Beethovenと続いてBrahmsに繋がる"太い実線"があり,それは19世紀で途切れています.それとは別にBeethovenから,純音楽としての交響曲を壮大なスケールと緻密なディテールで築き上げたBruckner,交響曲の表現能力を限界まで広げたMahler,そして,Shostakovichに繋がる"濃密な点線"により,現代まで繋がっているような気がするのです.バトンタッチではなく,テレコネクションな感じ.さらに言うなら,恐竜は絶滅したのではなく鳥類として進化している,という感じでしょうか(なんのこっちゃ?)
まぁ,偉大な作曲家達なんで何らかの影響を及ぼすのは当然っちゃぁ当然なんですけど(^_^)


この自分の好きな音楽について語るコーナー.前回の記事は去年の11月.
ってことは,今度の曲が紹介されるのは来年の7月か?
(^_^;)

20100919.jpg
納車された(^_^)/ドライブに行こう...その前に,車載用ゴミ箱を買おう
comment 0 trackback 0
06.19
Sat
100619.jpg

今,App Storeで一番人気の無料アプリです.
そりゃそうですよね(^_^)

さてブブゼラという楽器.ほとんどの人は,ついこの間まで,この楽器の存在を知らなかったんじゃないでしょうか.私もそうです.逆に,今では知らない人はいないんじゃないでしょうか?

ブブゼラを発音原理で分類すると,リップリード系の楽器,つまりはトランペットの仲間という事になるのでしょう.唇を振るわせて,その音を管で増幅させます.経験した人はわかると思いますけど,結構これが難しい.そして,肺活量がかなり必要です.

五月蝿いくらいに鳴り響く,そして鳴り止まないブブゼラの音を聞くと,「みんな元気あんなぁ」って思ってしまいます.

さて,本物を吹くのは大変なので,iPhoneを振って観戦するかな.
comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。