部屋とYシャツと私とiPhoneと地球と犬

お世話になっている機材について備忘録的に-MDR-7506(Sony)

めちゃめちゃお世話になってます度:星×5
来世でも多分使ってる度:星×5

DTMにおいて最も重要な機材は?

それは、モニターヘッドホンだと思うのです.
いくら作り込んでも,きちんとした音で捉えないと,別の再生環境で聴いた時に思ってたのと違う,ってなことになったり?

私が最初に手にしたヘッドホンにおいても,とても澄んだ音が出る特性だったため,低音を必要以上に盛ってたりしてました.結果,他の再生環境で聴いたら,アレ?ってな事に.

さて,どのヘッドホンを選べばいいんでしょうか?
聴き比べるのは無理.正しい評価軸を持ってるわけではないデスし.
ここは,評判とか定番で選ぶのがイイと思います.

で,選んだのが天下のSony製MDR-7506となりました.

まぁ,ド定番といえば,赤いラベルのMDR-CD900STなんですけど,青いラベルのこちらも劣らず,定番製品といえるでしょう.
評判としては,モニターとしての性能を有しながら,リスニングにも向いている、といった感じ.確かにずっと使ってても辛くなることはありません.

端子はミニジャックなので,Mac,iPadに直接繋げられますし,付属の変換プラグをねじ込めば標準もおけ

もう,随分と使ってます,いつからだろう?パッドは数回交換してるし.
(^O^)
Macや他の機材は手放してしまうかもしれないけど、このヘッドホンは末長く使っていくでしょう.

スポンサーサイト

お世話になっている機材について備忘録的に-iPad(Apple)

意外と楽器度:星×3
結局,実機が欲しくなってしまう度:星×5

iPad.
タブレットの代名詞的存在.
ウチではインターネット,動画閲覧,家計簿,メールなんかに使っています.

そして,音楽制作
iPadが音楽制作にも使える,というのはリリースされた当初から評判でしたが,今日では,”意外な発見”といった局面はとうに超えてて,もはや”普通”に使えるといった感じですらあります.
でもって,アプリが充実しているので,ついつい増えていってしまうっていう..最近は自制してますが.
(; ^ω^)

アプリですが,タッチパネルの特徴を生かして,実機を模したものが多いように思えます.また,操作そのものは実機を操作する感じに近いです.正確にいうと”人間側の動作が同じ”ということ.例えばボタンを押す場合,タッチパネルなので,人間側の動作は,実機のボタンを押すのと同じ動作でタッチパネルの画面を押す,となります.これがPC/Macのアプリの場合,マウスを介しての操作にります.人間側の動作としてはマウスを動かしてクリックとなり,これはWEBブラウザや表計算ソフトを使っているのと同じ動作になってしまいます.

ただ,いくら模しても,タッチパネルはタッチパネル.”人間側”の動作がいくら同じでも,”機械側”からの応答が異なります.ノブを回す時の抵抗感だとか,ボタンを押した時の跳ね返り感だとかが全くありません.そう,タッチパネルはガラスに触れているだけなのです.
んで,実機が欲しくなってしまう,っていう.
(o’ヮ’o)♪

iElectribeがきっかけで,Youtubeの動画を見るようになり,さらにハァハァして,検索&視聴.検索&視聴.類似するにも触れることとなり,結果,Maschineに手を出してしまったり,そして,Octatrackも入手するっていう..
それでも,検索&視聴はヤメラレナイ

結論,iPadアプリ→Youtubeのコンボは危険

20170930.jpg
"諸悪"の根源KORGの魅力的なアプリ群/同じページに使って楽しそうな実機たちも並んでいる,危険

お世話になっている機材について備忘録的に-Maschine(Native Instruments)

改めて使ってみてタノシー度:星×5
mk3がウラヤマシーなんて決して言わない度:星×5

ついにでましたね!
20170916_1.jpg
iPhone X/た,高いよ,アンタ..

ではなくて,こっち!
20170916_2.jpg
Maschine mk3!!!!!

け,決して,羨ましかったりしないんだからっ!
(・ω・ ;)(; ・ω・)

満を辞してのモデルチェンジ.情報を見る限り大大大大大進化ですね.ワークフローの大幅な改善が予想されます.


さて,私が所有しているmk2.mk3が登場した今,これが使えない子になっちったかというと,もちろんそんなことはなく,めちゃめちゃ武器になってます.

音色選ぶ ┓
     ┃ 繰り返す
パッド叩く┛

パターンができる←ここに到達するのが,爆早,そしてチョータノシー!

ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪

さらに自動的にパラメータがアサインされるノブを弄れば音色が変化&変化.いつまでも,いつまでも遊べます.面倒な作業なしに自動的にアサインされるのがイイね!

ただ,ソフトウエアの性格上パターンに特化していて,一曲作り上げていくのは苦手?な印象かなぁ.出来なくはないですが..
しかーし,他DAWのプラグインとしても機能するので,実は問題なし!
苦手な部分は他に任せればいいのデス.
d(  ̄ー ̄ )>
20170916_3.jpg


残念な点は,
音色が多過ぎて選ぶのが大変.その結果,アルファベットの若いプリセットを選びがち.そして,コンピュータのディスプレイを頼りにしがち.まぁ,贅沢な悩みですが.
(´∀`)

エフェクターを選ぶのが厄介.プリセットの名前からは効果がわからないんデス.Logicみたいにエフェクターそのものを選択できればイイのに.
(-ω-; ムム…

あとソフトウエアのバージョンアップに伴って,知らん間に機能が追加されて,少し使い辛くなってたり..ってこれは勉強しろ,ってコトですね.
ヾ(`・ω・´)ノ

Maschineって不思議な存在に思えます.パッドコントローラならAkai MPCシリーズ,マトリクスコントローラならAbleton Pushなどが有名ですし,ソフトウエア側から見ると,他のDAWの方が遥かに機能が多い.
でも,それが組み合わさると強力なビートメイキングマシンに,さらにKompleteが加わると無敵のビートメイキングマシンになるんデス.そして,NI沼に引き摺りこまれるっていう..
(/_;`)トホホ


結論としては,
mk3興味深いデスね,って結局,そっちかい!
ヽ(`Д´)ノ オイッ!

Native Instruments Maschine

Octatrack―1ヶ月程度使ってみての感想

Macを使わない音楽制作というのが新鮮
これまでは,「曲をこさえようかな」というときは,とりあえずディスプレイに向かって,マウスをカチカチしていたのですが,Macを脇において黒い箱とひたすら格闘するのは本当に新鮮.もちろん不便なことも多いのですが,”音を聴いて,音を操る”といった「本来の方法」に立ち返ったかの様な..ってカッコ付け過ぎかな?
テヘヘ…(*´д゚*)ゞ

操作が心地いい
カチャカチャする音がイイ感じ.金属躯体を介した音.音楽のためというより,”重機なんかで上げたり,動かしたり,つぶしたり”するために機械を操作する感覚に近いデス.
(重機を動かしたことはないけど)

DAWが”静的”とするなら,Octatrackは”動的”
もっと言うなら,成果品は”CD”ではなく,”ライブ演奏”という感じ?
DAWソフトが「制作ー鑑賞」という作業を繰り返すのに対して,Octatrackは「演奏準備ー演奏」という作業の繰り返しになるのかな,って感じです.

Maschineとはかぶらない,と思う
言葉で説明すると似た様な機能を持つ2者だけど,意外とかぶらないような気がします.というか,同じサンプル素材を使って,OctatrackとMaschineで同時に制作していくのも楽しいかも?

20170226.jpg
更なる可能性を秘めた接続部/なんか繋いでみたい(*´∀`*)

Octatrack―とりあえずさわりですけど

「初めてOctatrack演ってみた」って感じの動画デス.


トラックは5つ,パターンは1つ(+空のパターン1つ).シーンをAとBにそれぞれ2つずつ.2時間くらい適当にさわってたらこんな形になりました,ってな感じで,全然作り込んでいません
狙ってはいなかったのですが,2時間でアシッド?風味になっておりました.リズムトラックは2つ.刻む様にトリガー入れてみると面白い感じに.「狙ってもこんな風にならない」という方向に行くのが楽しいデス.ラストは空のパターンに飛び込むことで残響を残すようにしました.これはMaschineでも使うテク.
ヾ(=^▽^=)ノ


ちなみに元の素材をLogicで並べてみるとこんな感じ.


全然違うwww
ディスコ調?な感じ.リズムトラックは2つあって,それぞれはディスコではないのですが,合わさると踊ってた,っていう..でも,こっちはこっちで面白いデス.Octatrackで作ったのとつなげたら良い感じになるかも?元が同じなので相性もいいはず.
o(*^▽^*)o

素材同じで,調理する人も同じなのに全く違うものができてもうた.
これがOctatrackの魅力ですね.

今度はアンビエントな感じのものを演ろうかな?
(*´∀`*)

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nmnmkazuA

Author:nmnmkazuA(m-kazu)
Hinokuni生まれ
Miyako育ち
Kitakanto住まい
Mac&Music&Motorcycle好き
Linkフリー



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

iPhone (69)
iPad/iPod touch (11)
Mac (30)
Bicycle (48)
Motorcycle (61)
Railway (6)
Music (16)
DTM (41)
PC (5)
お知らせ (6)
あいさつ (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

BlogPeople


FC2Ad

Template by たけやん